注文住宅を建てる時には、返済の点も考える

注文住宅を建てたいと思った時、まずは工務店選びから行う必要があります。

 

宇都宮には、様々な工務店が存在していますので、まずは信頼できる工務店を選びたいと思いますね。

 

工務店選ぶを行う時、そのデザインや施工技術の高さばかりに注目してしまいがちです。
ただし、家を建てる時には大きなお金もかかってきますので、無理なく返済できるようなプランを立ててくれる工務店を選ぶことは何より重要になってくるのです。

 

工務店の中には、それぞれの方の経済状態を考えずにローンを紹介してくるようなところもあります。
このような工務店の場合、最初の頃こそ返済できるものの、次第に返済できないという事態に陥りやすくなってしまいます。

 

せっかく注文住宅を建てても、返済が滞ってしまえば最終的に家を手放さなければいけなくなります。
まずは、注文住宅にかかる費用だけではなく、それぞれの方に無理のないローンを冷静に判断してくれる工務店を選ぶようにしましょう。

 

工務店の中には、住宅ローンアドバイザーの資格を持つスタッフが在籍しているところも存在しています。
住宅ローンアドバイザーの資格を持っていれば、適正なローンも紹介してもらえますので、最後まで無理なくローンも完済できるでしょう。

 

個人的にオススメな工務店は宇都宮 注文住宅の健康太郎の家さんです。

健康のために注文住宅

私自身アレルギー体質でアレル源は猫、そば、化学薬品など様々です。
猫は触らなければ済みますし、そばも食べなければよいことです。
しかし、化学薬品に関しては自分でコントロールできないことが多いのです。
訪ねた友人宅がリフォーム直後だったため建材に含まれる何かに反応したり、コンサート会場の断熱材に含まれる成分に反応したりするのです。シックハウスという症状です。
それで、自分が住む家はストレスを最小にしたいので健康のために注文住宅がいいと思っています。
自然素材の建材を使い、塗装用のペンキにもこだわった無添加住宅と呼ばれるものがあることを知りました。
昔はシックハウスで苦しむ人などいませんでした。
家を建てるのに化学薬品を用いなかったからです。
それで自然・天然素材を用いた建築をする注文住宅では壁紙におがくずを使用したものを取り入れたり、
接着剤に昔ながらのニカワや米のりを用いたり、断熱材に備長炭を用いたりして化学物質過敏症の人でも心地よく住める家作りをしているのです。
確かに建売の物件よりも価格は高めですが、人生に何度もあることではありませんし安心して自分や家族が住める家を建てたいので是非注文住宅で健康に優しい家を建てたいと思っています。

注文住宅の良いところ

注文住宅の良いところは、型にはまった間取り、設備ではなく、
全て自分で選ぶ事が出来るという点でしょう。
建売住宅などに比べると、少し費用がかかる事もありますが、
現在は事前に詳しく調べ勉強する購入者も多く、省略できる箇所は節約する事で
それほど費用に差が出ずに済む場合もあります。
なかには、天井を作らずそのまま梁を見せています、とか
部屋を大きくとり壁を作らず、家具で部屋を仕切りました、とか
驚きの方法で節約している方もいます。

 

注文住宅で最初に嬉しい事は、その間取りを決める時でしょう。
建売の場合はほとんどがその間取りが決められていて、大きな変更は不可能です。
しかし、注文住宅の場合は全て自分で決める事が出来るのですから、
どんな特殊な間取りであっても、建築業者との相談次第で可能です。
まずは住宅雑誌などで色んな間取りを見たり、モデルハウスに見学に行き、
自分の好みの間取りをイメージしていくと良いでしょう。

 

そして、内部の設備もひとつひとつ自分で選んでいきます。
もちろんプロの業者がアドバイスとしてお勧めの設備や商品を教えてくれますが、
時には自分のこだわりのものを入れる事も楽しさの一つです。
たとえば、キッチンのタイルは以前から好きだったこの商品を使いたい。
壁紙はこのメーカーのものに憧れてので使って欲しい、などです。
他にもよくあるのが、自分達で建築したという記念に、
漆喰を塗った壁などに、自分達家族の手形をつけたりする人もいます。
これこそ注文住宅ならではではないでしょうか。
このように、注文住宅は自分の希望に沿ったプランで建築できるのが何よりの魅力です。